受験

個人塾編

投稿日:

予備校・個人塾の比較の続きです!
今回は個人塾編です!

個人塾
【メリット】
・お金が安い
⇒大体月2万円くらいで、学習したい科目のみ選択受講できる。
⇒講習費を含めても予備校の半分くらい。

・少人数
⇒自分に合った、学習計画を細かく考えてくれる。
⇒質問しやすく、自分にあった進度で授業がすすむ。

【デメリット】
・周りにライバルがいなくモチベーションの維持が難しい
⇒大体の受験生は予備校にいくので、不安を感じる。
⇒自分のペースが周りと比べとどうかの比較ができない。

・入試情報などが少ない
⇒合格者が少なく、全国展開していないため、情報が限定的。
⇒職員は授業も兼ねているので、専門性に特化していない。

・大学生の講師が多い
⇒添削など見てもらうのが不安。
⇒プロの講師が存在するので、相対的に劣っているようにかんじる。

こんな感じですかね。
予備校と比べるとデメリットが目立ってしまいますね。笑

ただ、私は予備校で1年間で100人くらいの学生を見ていましたが、
思ったのはやはり100人を細かく見るのは不可能に近かったです。

たまに、個人塾に行って大学受験生を見てましたが、
個人塾の良さはやはり細かく一人ひとりを把握できる点だと思いました。

大学生の講師が多いから不安という声をききますが
正直、予備校だからといって全員がプロ講師というわけではないです。
(そもそもプロの講師の基準はなんでしょうか?笑)

個人塾で教えている学生の方が、
わかりやすく要点を押さえた無駄のない授業をしていたりします。

予備校講師は、
人気が必要なので、パフォーマンス先行の方もいますしね。笑

何か他に質問や聞いてみたいことがあれば、コメントください!

-受験

Copyright© 大学受験の徒然 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.